<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2010年03月19日

ビールって超能力で味変わるんですか!? 2

 

〜前回のダイジェスト〜

ビールを見つめるだけで味を変えられるという、コスモアイル羽咋名誉館長の矢追純一氏!

果たして私のビールの味は本当に変わってしまうのだろうか・・・!?

全員が食い入るように注目する中、矢追氏がビールジョッキに集中した。

 

 

一同:「・・・・・・ゴクリ(;゚ Д゚)」

 

矢追氏:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2〜3分経過)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい。変わりました。」

 

私:「えっ!?Σ(´∀`;) もう!!!?」

 

 

矢追:「まぁ、変わったといっても微妙にですから、感性が弱い人は感じ取れないかもしれません。」

 

というわけで、早速飲んでみることに。もちろん、変わる前のビールの味は確認済みです。

すると・・・・・

 

矢追氏:「変わってるでしょ?」

私:「・・・・確かに、前よりも苦味が無くなったような気がします!!(゚Д゚;)」

矢追氏:「そう・・・・苦味が無くなるんです!!」

 

確かに後味にくるはずの苦味が無くなっていました!

そして、私と同じく、変わる前のビールの味を確認していた副館長も飲んでみることに・・・。(私が飲んだものと同じです。)

 

副館長:「あっ!味が薄くなってる!!」

 

どうやら副館長も味の変化に気づいた様子( ・`ω・´)

本当に、味が変わったのです!!!!

 

これが矢追さんの超能力!!!????

 

さて、本来ならここで「矢追さんは凄い!」で終わらせる話なのですが、今回はもっと深く突っ込んでみたいと思います。

 

実は私・・・・この超能力は、ビールの特性と、言葉による心理テクニックによって再現可能なのではないか・・・・と思ったのです。

そもそもビールというのは、時間が経過すると空気に触れることで微妙に味が変わるのです。それを防いでくれるのがビールの泡です。
そして、矢追氏がビールの味を変えようとしたときは、すでにビールの泡が無くなっているときでした。

しかし、本当に微妙な味の変化なので、気づかないこともあるでしょうし、実際にほとんど変わらないこともあるでしょう。そこで、言葉による心理テクニックを使うのです。

「まぁ、変わったといっても微妙にですから、感性が弱い人は感じ取れないかもしれません。」

この言葉を言われることで、大抵の人は「感性が弱い人間だと思われたくない」と無意識に思ってしまい、「ぜんぜん味が変わっていない」などとは言いづらい雰囲気になるのです。
(もちろん、言う人のキャラ性能にもよりますがね。でも矢追さんの凄さを知っている人なら、本人からこんなこと言われたらこう思うはずです。)
当然、ビールの微妙な味の違いを必死で探すでしょう。そして、「なんとなく変わった気がする・・・・かなぁ?」という点を見つければ、「確かに変わってます!」と言ってしまいます。
もちろん、それが気のせいである可能性も十分にあります。

つまり、飲んだ人に「何も変わっていない」と言わせない場の空気をつくる心理テクニックなのです。

矢追さんはどのように味を変えるかは口にしておらず、私が「苦味が無くなった」と言ってから初めて、どのように味を変えたかを言いました。これは、どのように味が変わるか、矢追さん自身も解っていなかった可能性があります!

 

 

・・・・・さて、ここまではあくまで私の仮説なので、実際に検証して見なければなりません。

そこで先日、友人達と飲み会をしたときに、実際にこのテクニックを試してみました!

しかも、ビールを見つめる時間は5分くらいに増やしました(笑)

 

 

 

すると・・・・・

 

 

 

友人:「ぜんっっっぜん変わっとらん」

 

 

私:「Σ(´Д`;)ガーーーーーーーン」

 

あえなく撃沈でした。

やはりキャラ性能が足りないのか・・・・・それとも矢追さんのは本物の超能力だったのか・・・・

どう思うかはあなたしだいです!!m9 `・ω・´)ビシッ!!

 

 

付け加えておきますと、矢追氏はビールの味を変えた後に、タバコの味も同じようにして変えています。こっちは微妙どころか明らかに変わったそうです。

これはマジだよなぁ。。。。(´・ω・`)

いろいろ失礼なこと書いてすいませんでしたorz

投稿者:まさat 12:52| 質問箱 | コメント(0) | トラックバック(0)

◆この記事へのトラックバックURL:

http://control.bgstation.jp/util/tb.php?us_no=339&bl_id=319&et_id=37819

◆この記事へのコメント:

※必須