能登半島UFOの町にある宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋

コスモアイル羽咋 ロゴ
コスモアイル羽咋のご紹介
トップページ
宇宙科学展示室の紹介
展示品の紹介
マーキュリー宇宙カプセル
(アメリカ製)
ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(旧ソ連製)
ルナ/マーズ・ローバー
(アメリカ製)
モルニア1号通信衛星
(旧ソ連製)
アポロ司令船
(アメリカ製)
ボイジャー探査船
(アメリカ製)
アポロ月面宇宙服
アポロ月面着陸船
(アメリカ製)
ルナ24号月面着陸船
(旧ソ連製)
バイキング火星着陸船
(アメリカ製)
SETI&UFOブース
(ミニシアター)
ルナローバー
(アメリカ製)
マーキュリー・レッドストーン・ロケット (アメリカ製)
その他の見どころ
UFOの町・羽咋の由来
 
コスモシアターの紹介
ショップの紹介
ご利用案内
貸館のご案内
アクセスマップ
リンク
お問合せ
宇宙科学展示室 展示品詳細
ルナローバー
ルナローバー (アメリカ製)

ここに展示してあるルナローバー(月面車)は、アポロ15号から搭載された月面車を再現したもので、地上走行のために金属メッシュのタイヤをゴムタイヤに履き替えてあります。月面では1/6の重さで耐えられる金属タイヤも2人が乗れば地上ではへこんでしまい実用にはなりません。

このローバーはバッテリーによる駆動で地上を最大時速約30kmで走行できます。

コントロールは中央にあるレバー1本で前進・後退・左右の走行ができる様になっています。
著作権:コスモアイル羽咋